So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

武蔵大入試でミス、追加合格者におわび20万円(読売新聞)

 武蔵大学(東京都練馬区、清水敦学長)は14日、今年2月に実施した入試で採点ミスがあり、人文学部と社会学部を受験した計5人を追加合格にしたと発表した。

 同大によると、選択科目の世界史Bで1か所、本来は正答だった選択肢を誤りとしていたことが、過去の入試問題集を発行する出版社の指摘で判明したという。

 同大では追加合格者全員に、おわび金として20万円を支払う。14日現在、1人が入学手続きを済ませたという。

菅首相就任記者会見 舌鋒封印…守り、逃げる(産経新聞)
<菅首相会見>その1「政治の役割は最少不幸の社会を作ること」(毎日新聞)
岡崎信金元職員ら預金着服=1億3600万円、告訴へ―愛知(時事通信)
首相動静(6月12日)(時事通信)
<菅内閣発足>野党、警戒感強める…世論の支持高く(毎日新聞)

「心当たり全くない」事務所長の影山弁護士が悔しさにじませる/横浜・弁護士刺殺事件(カナロコ)

 弁護士の前野義広さんが刺殺された事件から一夜明けた3日、前野さんが所属していた横浜みらい法律事務所所長の影山秀人弁護士が取材に応じ、「消費者問題に熱心で、一人一人の依頼者に対してまじめに取り組んでいた。業務に関連した事件とは思っているが、心当たりは全くない」と悔しさをにじませた。

 「3年前からうちの事務所で働いている。仕事熱心で、対応も丁寧。人を怒らせるような人ではなかった」と振り返り、「両親も『苦労して弁護士になったのに』と落胆していた」と肩を落とした。

 影山弁護士は、オウム真理教信者に一家を殺害された坂本堤弁護士=当時(33)=と親しく、「坂本弁護士と家族を救う全国弁護士の会」の事務局長も務めた。「人の紛争にかかわる仕事をしているが、解決には社会のルールがある。私たちはルールに従い適切に解決したいと思っているが、自分の思い、主張を暴力で実現しようとする犯行には憤りを感じる」と悲痛な面持ちで語った。

【関連記事】
法律事務所で弁護士刺殺、トラブル後絶たず、同僚は怒りあらわ/横浜
過疎地派遣、若手育成も 県内初の公設法律事務所/横浜
法律事務所で刺された男性死亡、弁護士と確認/横浜
法律事務所で弁護士刺され死亡、業務に関連したトラブルか/横浜
坂本事件20年

富士樹海捜索で警視総監賞 警察犬クラーク号死ぬ 警視庁(産経新聞)
アスベスト訴訟、国が控訴=原告も控訴へ―大阪(時事通信)
鳩山首相が辞意を正式表明「職を引かせていただく」 小沢氏も辞任(産経新聞)
両陛下、葉山でご静養入り(産経新聞)
喫煙注意された客が車掌と押し問答、電車運休(読売新聞)

鳩山首相、参院選は「まだ先の話だと思う」(産経新聞)

【鳩山ぶら下がり】(21日夜)

 鳩山由紀夫首相は21日夜、夏の参院選が鳩山政権の信を問う選挙になるかどうかについて「まだ法案の一つ一つを真剣に国民と議論いただいているところなので、選挙はまだ先の話だと思っている」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 ぶら下がり取材の詳細は以下の通り。

 【クリントン長官来日】

 −−先ほど、クリントン米国務長官と会談したが、北朝鮮問題、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で進展はあったか

 「クリントン長官とは20分ほどではありますが会談をいたしました。私は非常に良かったと思うのは、やはりこの北朝鮮というか、韓国の哨戒艇が北朝鮮によって沈没させられたという事案が生じたと。こういう北東アジアに大変緊張感が漂っているときに、やはり日米安保、日米同盟というものは重要だと。それを深化をさせる年だという認識で一致をしたことでございます。細かい具体的な中身は今ここで申し上げるつもりはありません。しかし、基本的な認識は一致したということは大変良かったと思っています」

 −−普天間問題の信頼関係というのは確認したか

 「普天間問題に関しては、5月末までにしっかりとした合意をするということで、今、最終的な調整を行っているということを申し上げて、岡田、ルース、この外務大臣と大使の間で頻繁に協議をして、今詰めているところであるということを申し上げました。このことの重要性も認識、一致をしています」 

 【小沢幹事長不起訴】

 −−きょう、東京地検特捜部が民主党の小沢一郎幹事長に対して2度目の不起訴とする判断を出した。首相は、これで小沢幹事長の嫌疑は十分晴れたと考えるか

 「これは検察がそう判断をしたということであります。これから、また検察審査会があろうかと思います。したがいまして今このような段階で、総理としてコメントすることは適当ではない、そのように考えています」

 【普天間問題】

 −−首相は週末、沖縄を訪問する。5月末決着まで日程的に最後の沖縄入りになりそうだが、仲井真弘多知事に具体的な移設先というのはここで明示する考えはあるか

 「うん。私は最後の、というか5月中、たぶん最後になろうかと思います。まあ、詳しい具体的な内容、あるいはどういうところにまいるかということは今、調整中であります。ただ、仲井真知事とは当然お目にかかります。その中で現在の政府の当然考え方というものをー、協議を申し上げたいと思ってうかがいます」

 −−沖縄にお願いする負担の内容を明らかにしないまま、5月末の決着を迎えるということもあるか

 「私はやはり当然のことながら、沖縄のみなさま方にも、よし。この方向でいこう、という思いになっていただきたいと願います。そのためには、やはり必要なことはお話をすべきだと思っています」

 【参院選】

 −−参院選だが、7月11日を投票日とすると合意したようだ。首相はこの選挙の結果が鳩山政権に対する信任を問う選挙になるという認識はあるか

 「今、おたずねがありますけれども選挙の日程を決めたという認識はありません。大事なことは国民のみなさんのいのちを守る。暮らしを守る法案というものを一つ一つしっかりと議論さしていただいて法案を成立をさせるということに全力を尽くすのが、政府の立場だと思っていますから、まだ選挙がいつだなどというような話ではありません」 

 【全国知事会】

 −−27日の全国知事会で、沖縄の米軍の訓練の全国に分散させる考えのようだが、知事側の反発が予想される。北海道はすでに沖縄に駐留する射撃訓練が行われている。さらなる負担を求めていくか

 「私は沖縄のみなさんが大変過重な負担に大変、きょうまで苦しんでこられた。そしてそれを甘受してこられた。これからはそのご負担というものを極力、日本の国民のみなさま方とともに分かち合うことが大事であると考えています。そのうえで、知事会のみなさま方におめにかかって、私の方からこのような考え方を申し上げて参りたいとおもいます。当然、いろいろと知事の方にもお気持ちがおありと思います。率直にうかがってまいりたい」

 「北海道のおたずねですが、具体的なおたずねでありますが、具体的なことをここで申し上げるつもりはありませんが、しかし、やはり沖縄のみなさんの今日までのご負担を少しでも全国の国民のみなさんに分かち合っていただきたいと。そして、そのことによって、日本の将来の平和を担保したい、そのように考えています」

 【クリントン長官来日】

 −−クリントン長官との会談で、5月末までに決着できるという自信に変わりあったか

 「私はもともと5月末までに合意にいたると。そのために全力を尽くすと言ってまいりました。クリントン長官もその考えのもとで、努力していただいているという認識はいただきました」

 【参院選】

 −−参院選の結果が鳩山政権の信任というふうに判断する認識はあるか

 「まだ、今、申し上げたように、法案の一つ一つを真剣に国民のみなさんとともに議論いただいているところですから、選挙はまだ先の話だと思っています」

 【口蹄疫】

 −−口蹄(こうてい)疫の件で政府のワクチンを打つという対処方針について、農家が困惑している。一部、反発している人がいるということだが、政府の今後の説明は。対処方針の変更はあるか

 「対処方針を変えるつもりはありません。農家のみなさんにはそれは、今日まで、育ててこられた豚や牛を殺処分にすることはつらい話だと思います。しかし、これは国民のみなさん方に感染をこれ以上、させないという思いのもとで、政府が決めた話です。そのことによるいろいろなお気持ちに対してはできる限り、政府としてこたえてまいりますから、どうぞ農家のみなさんにもご協力を願いたい、そのことを申し上げておきます」

【関連記事】
首相に「ルーピー」のヤジは… 与党から「失礼だ」の声も
参院選出馬、江本氏に独占インタビュー
元カーレーサーの舘氏を擁立 みんなの党
法人税引き下げ提示 民主マニフェスト企画委
劇場効果もそろそろ限界? 来場者も低調に 事業仕分け第2弾
中国が優等生路線に?

女性車掌につば吐く 容疑の男逮捕(産経新聞)
<生物多様性の日>大学生らが重要性を訴え 東京・渋谷(毎日新聞)
原口総務相 「宝くじ存続へ全力挙げ改革」(毎日新聞)
警官ひき逃げされ重傷、犯人は仲間のバイクで逃走(読売新聞)
<濃霧>九州北部で発生 関門海峡は入航中止(毎日新聞)

「舛添新党」、大義見えず=渡辺氏(時事通信)

 みんなの党の渡辺喜美代表は18日、都内で講演し、各種世論調査で新党改革の舛添要一代表の人気が低下していることについて「舛添さんの婿入り新党は大義がよく見えない。このあたりが原因ではないか」と指摘した。
 渡辺氏は、たちあがれ日本についても「与謝野馨(共同代表)さんと平沼赳夫(代表)さんが別々に政党をつくれば、もっとブレークしただろう。2人は考え方が違うので、国民は数合わせだと感じる」と批判。「まずいラーメン屋とみんなのラーメン屋を一緒にしてほしくはない」として、新党改革やたちあがれ日本との連携の可能性を否定した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

帰宅女性を10時間監禁、46万円奪う 容疑の4人を逮捕(産経新聞)
口蹄疫の感染止まらず=家畜処分対象は8万頭超に―宮崎(時事通信)
三宅雪子氏“自爆”を否定…衆院内閣委員会で転倒負傷(スポーツ報知)
阪大 両心補助に成功 『子供に寂しい思いさせた」 女性患者、笑顔と涙(産経新聞)
<シバザクラ>見ごろ迎える 北海道・滝上 (毎日新聞)

普天間「県外に命懸ける」=社民議員、官邸前で抗議(時事通信)

「もんじゅ」検出器故障…再開時期に影響も(読売新聞)

 日本原子力研究開発機構は27日、5月上旬に運転再開を予定している高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で、ナトリウム漏れ検出器1台が故障したと発表した。

 ナトリウム漏れはなかった。機構が原因を調査中だが、原因によっては運転再開の時期に影響が出る可能性がある。

 機構によると、26日午後11時59分ごろ、原子炉の熱を伝える2次冷却系と呼ばれる区域で、空気中のナトリウムを検知する検出器1台の故障警報が作動した。職員が調べたところ、検出器に空気を送り込むモーターが過熱して止まっていた。

 検出器は、もんじゅ全体で614台ある。機構は、故障した検出器でナトリウムを一時的に検出できない状態になったことが機構の保安規定に抵触したとして、経済産業省原子力安全・保安院に報告した。検出器は部品を交換し、27日午前5時24分に復旧した。

 もんじゅは1995年12月、ナトリウム漏れ事故で運転を停止した。運転再開を控えた2008年3月にも、ナトリウム検出器で誤警報が発生。この原因として施工不良が10年以上見逃されていたことなどが判明して、運転再開を延期していた。

 運転再開を巡っては、26日に西川一誠県知事と川端文部科学相、直嶋経済産業相の3者協議が行われ、安全対策や地域振興策で合意し、県が事実上の了承をしたばかりだった。

舛添氏、他の5人は“発射台”?(産経新聞)
エンジンルーム内の可燃物置き忘れで火災72件(レスポンス)
【from Editor】女性飛行士ふたりの「手紙」(産経新聞)
だれでも参加「熟議カケアイ」の場…文科省HP(読売新聞)
花瓶に込められた友情…蒋介石と根本元中将(産経新聞)

裁判員制度1年 参加意欲は高まらず(産経新聞)

 今年5月で施行から1年を迎える裁判員制度について、約43%が制度開始後に裁判や司法への関心が増したと回答する一方、裁判員に選ばれれば参加すると答えたのは約62%にとどまっていることが16日、最高裁が公表した意識調査で分かった。

 制度スタート前の平成20年の前回調査で参加の意向を示していたのは約60%で、制度が始まって関心は増えたが、参加意欲はあまり高まっていない実態が明らかになった。

 最高裁は今年1〜2月、全国の20歳以上の2037人から回答を得た。それによると、裁判員として裁判に「参加したい」「参加してもよい」と答えたのが計約18%。約44%が「義務であれば参加せざるを得ない」と答え、参加の意向を示したのは計約62%だった。「義務であっても参加したくない」との回答は約36%だった。

 制度スタートの1年前に最高裁が実施した調査では参加の意向が約60%だったため微増といえるが、依然として消極的な声も根強い。刑事裁判や司法に国民が自主的に関与すべきかどうかの問いにも、「そう思う」「ややそう思う」を合わせ約51%にとどまった。

 裁判員裁判で刑事裁判がどう変わったかの印象では、「裁判所や司法が身近になった」「裁判結果に国民感覚が反映されやすくなった」との声が目立った。

 ただ、制度導入前の裁判に対する印象は「公正中立だと思う」という回答が約43%だったが、開始後は約39%に低下。「信頼できる」も約52%だったのが約41%に落ち込んだ。「身近さ」が増す一方、「信頼」の構築には課題が残る結果となった。

【関連記事】
裁判員に“真実の声”届くか 弁護側も原点に返る必要性
裁判員裁判は損? 勾留が長期化、1年で判決25%
日弁連新会長 司法改革の定着に努力を
人命奪う決断は嫌 鳥取で裁判員制度廃止求めデモ
検察審査会 厳正で公平な運用が肝要
外国人地方参政権問題に一石

30分間無人、告示日の長崎県南島原市選管(読売新聞)
『嫌韓流』作者のマンガ新刊 「日本の若者は高齢者の奴隷だ」
<カンヌ映画祭>北野武監督の新作出品(毎日新聞)
<ローソン>脅迫文に「商品に毒物入れる」(毎日新聞)
寒い4月まだ続く?寒気23日ごろ再び南下も(読売新聞)

遺族ら現場で献花、冥福祈る=長崎市長射殺3年(時事通信)

 長崎市の伊藤一長前市長が射殺された事件から丸3年の17日、遺族らが事件発生時刻の午後7時50分すぎ、同市大黒町の現場を訪れ、献花し黙とうをささげた。
 現場は長崎駅に近い、雑居ビルなどが立ち並ぶ車の通りの多い場所。歩道上に白い布を掛けた献花台が置かれ、伊藤前市長が好きだったというヒマワリや、白い菊の花が台の上いっぱいに供えられた。遺族や親交があった人たちがじっと手を合わせ、前市長の冥福を祈った。 

【関連ニュース】
広島・長崎に五輪協力申し出へ=第五福竜丸母港の静岡県焼津市

区民ミュージカル 25日、2年ぶり再演(産経新聞)
<八王子2人殺傷>無期を懲役30年に減刑 東京高裁(毎日新聞)
「減税こそが政治の役割」河村市長が熱弁(読売新聞)
「首相は統治能力欠如」と自民総裁=無党派層の動向注視−時事世論調査(時事通信)
<チューリップ>春のじゅうたん…120万本が満開 三重(毎日新聞)

京都知事に山田氏3選(産経新聞)

 任期満了に伴う京都府知事選は11日投開票され、実質的に民主、自民、公明の支援を受けた無所属現職の山田啓二氏(56)が、無所属新人の医師、門祐輔氏(54)=共産推薦=を破り、3選を果たした。投票率は41・09%(前回38・44%)だった。

 山田氏の出馬表明は今年2月と門氏に比べて大幅に遅れ、3党の連携の不十分さも指摘されたが、選挙戦に入って次第に組織が引き締まり、優勢に戦いを進めた。最後は3党の組織力で門氏を退けた。

 山田氏は「喜びとともに今後の責任を痛感する。福祉安心型社会の再構築などの大きな課題を前に進め、京都から日本を再生していきたい」と語った。

 門氏は昨年7月に出馬表明してきめ細かく活動を展開。選挙戦に入っても山田氏の相乗りを批判するなどして浸透を図ったが、及ばなかった。

 ◇京都府知事選開票終了

当 529927 山田 啓二 無現

  307826 門  祐輔 無新【共】

 山田(やまだ)啓二(けいじ)56〔3〕

 知事(副知事・府部長・自治省職員)京都市・東大

【関連記事】
山田京都府知事が3選出馬を表明
首都圏に勝てる「大関西圏構想」を 目指せ「坂の上の雲」
関西広域連合、年内設置へ努力 2府5県合意
京都経済4団体、3分野で共同事業 立石会頭「再編へ一歩前進」
京都市長が関空−京都のヘリ導入に前向き 森ビル事業を視察

リウマチ薬など7品目は除外=田辺三菱製薬の業務停止−厚労省(時事通信)
<皇后さま>小野竹喬展を鑑賞(毎日新聞)
気象庁係長をすりで逮捕 出勤途中の地下鉄内で(産経新聞)
パトカーの覚せい剤、3年前に移送の男が隠す(読売新聞)
長官銃撃事件の検証開始=問題点洗い出しへ−警視庁(時事通信)

阪大病院で輸血ミス、救急搬送の女性死亡(読売新聞)

 大阪大病院(大阪府吹田市)は8日、救急搬送されてきた60歳代の女性に血液型の違う血液成分を投与するミスがあり、患者はその後死亡したと発表した。

 病院によると、女性は重いけがを負い、7日午後意識不明の状態で搬送された。大量に出血したため、赤血球製剤と、女性の血液型と同じB型の新鮮凍結血漿(けっしょう)を投与。しかし、大量に投与が必要となり、別の患者に用意していたO型の新鮮凍結血漿を誤って使い、女性は病院到着から5時間後に死亡した。投与直前の確認を怠っていたという。

 病院側は「治療中、3回の心停止を起こすなど重い症状だった。投与は明らかなエラーだが、死亡との因果関係はないと考えている」と話している。

<春の交通安全運動>交差点は気を付けて(毎日新聞)
「ほっておいてくれ!」 大阪・道頓堀に男が飛び込む(産経新聞)
信号見落とし電車21m逆走 大阪市営地下鉄、公表せず (産経新聞)
「1Q84」300万部突破=BOOK3、発売前に増刷(時事通信)
2014年に読売新聞社が新社屋(読売新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。