So-net無料ブログ作成

「もんじゅ」検出器故障…再開時期に影響も(読売新聞)

 日本原子力研究開発機構は27日、5月上旬に運転再開を予定している高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で、ナトリウム漏れ検出器1台が故障したと発表した。

 ナトリウム漏れはなかった。機構が原因を調査中だが、原因によっては運転再開の時期に影響が出る可能性がある。

 機構によると、26日午後11時59分ごろ、原子炉の熱を伝える2次冷却系と呼ばれる区域で、空気中のナトリウムを検知する検出器1台の故障警報が作動した。職員が調べたところ、検出器に空気を送り込むモーターが過熱して止まっていた。

 検出器は、もんじゅ全体で614台ある。機構は、故障した検出器でナトリウムを一時的に検出できない状態になったことが機構の保安規定に抵触したとして、経済産業省原子力安全・保安院に報告した。検出器は部品を交換し、27日午前5時24分に復旧した。

 もんじゅは1995年12月、ナトリウム漏れ事故で運転を停止した。運転再開を控えた2008年3月にも、ナトリウム検出器で誤警報が発生。この原因として施工不良が10年以上見逃されていたことなどが判明して、運転再開を延期していた。

 運転再開を巡っては、26日に西川一誠県知事と川端文部科学相、直嶋経済産業相の3者協議が行われ、安全対策や地域振興策で合意し、県が事実上の了承をしたばかりだった。

舛添氏、他の5人は“発射台”?(産経新聞)
エンジンルーム内の可燃物置き忘れで火災72件(レスポンス)
【from Editor】女性飛行士ふたりの「手紙」(産経新聞)
だれでも参加「熟議カケアイ」の場…文科省HP(読売新聞)
花瓶に込められた友情…蒋介石と根本元中将(産経新聞)

裁判員制度1年 参加意欲は高まらず(産経新聞)

 今年5月で施行から1年を迎える裁判員制度について、約43%が制度開始後に裁判や司法への関心が増したと回答する一方、裁判員に選ばれれば参加すると答えたのは約62%にとどまっていることが16日、最高裁が公表した意識調査で分かった。

 制度スタート前の平成20年の前回調査で参加の意向を示していたのは約60%で、制度が始まって関心は増えたが、参加意欲はあまり高まっていない実態が明らかになった。

 最高裁は今年1〜2月、全国の20歳以上の2037人から回答を得た。それによると、裁判員として裁判に「参加したい」「参加してもよい」と答えたのが計約18%。約44%が「義務であれば参加せざるを得ない」と答え、参加の意向を示したのは計約62%だった。「義務であっても参加したくない」との回答は約36%だった。

 制度スタートの1年前に最高裁が実施した調査では参加の意向が約60%だったため微増といえるが、依然として消極的な声も根強い。刑事裁判や司法に国民が自主的に関与すべきかどうかの問いにも、「そう思う」「ややそう思う」を合わせ約51%にとどまった。

 裁判員裁判で刑事裁判がどう変わったかの印象では、「裁判所や司法が身近になった」「裁判結果に国民感覚が反映されやすくなった」との声が目立った。

 ただ、制度導入前の裁判に対する印象は「公正中立だと思う」という回答が約43%だったが、開始後は約39%に低下。「信頼できる」も約52%だったのが約41%に落ち込んだ。「身近さ」が増す一方、「信頼」の構築には課題が残る結果となった。

【関連記事】
裁判員に“真実の声”届くか 弁護側も原点に返る必要性
裁判員裁判は損? 勾留が長期化、1年で判決25%
日弁連新会長 司法改革の定着に努力を
人命奪う決断は嫌 鳥取で裁判員制度廃止求めデモ
検察審査会 厳正で公平な運用が肝要
外国人地方参政権問題に一石

30分間無人、告示日の長崎県南島原市選管(読売新聞)
『嫌韓流』作者のマンガ新刊 「日本の若者は高齢者の奴隷だ」
<カンヌ映画祭>北野武監督の新作出品(毎日新聞)
<ローソン>脅迫文に「商品に毒物入れる」(毎日新聞)
寒い4月まだ続く?寒気23日ごろ再び南下も(読売新聞)

遺族ら現場で献花、冥福祈る=長崎市長射殺3年(時事通信)

 長崎市の伊藤一長前市長が射殺された事件から丸3年の17日、遺族らが事件発生時刻の午後7時50分すぎ、同市大黒町の現場を訪れ、献花し黙とうをささげた。
 現場は長崎駅に近い、雑居ビルなどが立ち並ぶ車の通りの多い場所。歩道上に白い布を掛けた献花台が置かれ、伊藤前市長が好きだったというヒマワリや、白い菊の花が台の上いっぱいに供えられた。遺族や親交があった人たちがじっと手を合わせ、前市長の冥福を祈った。 

【関連ニュース】
広島・長崎に五輪協力申し出へ=第五福竜丸母港の静岡県焼津市

区民ミュージカル 25日、2年ぶり再演(産経新聞)
<八王子2人殺傷>無期を懲役30年に減刑 東京高裁(毎日新聞)
「減税こそが政治の役割」河村市長が熱弁(読売新聞)
「首相は統治能力欠如」と自民総裁=無党派層の動向注視−時事世論調査(時事通信)
<チューリップ>春のじゅうたん…120万本が満開 三重(毎日新聞)

京都知事に山田氏3選(産経新聞)

 任期満了に伴う京都府知事選は11日投開票され、実質的に民主、自民、公明の支援を受けた無所属現職の山田啓二氏(56)が、無所属新人の医師、門祐輔氏(54)=共産推薦=を破り、3選を果たした。投票率は41・09%(前回38・44%)だった。

 山田氏の出馬表明は今年2月と門氏に比べて大幅に遅れ、3党の連携の不十分さも指摘されたが、選挙戦に入って次第に組織が引き締まり、優勢に戦いを進めた。最後は3党の組織力で門氏を退けた。

 山田氏は「喜びとともに今後の責任を痛感する。福祉安心型社会の再構築などの大きな課題を前に進め、京都から日本を再生していきたい」と語った。

 門氏は昨年7月に出馬表明してきめ細かく活動を展開。選挙戦に入っても山田氏の相乗りを批判するなどして浸透を図ったが、及ばなかった。

 ◇京都府知事選開票終了

当 529927 山田 啓二 無現

  307826 門  祐輔 無新【共】

 山田(やまだ)啓二(けいじ)56〔3〕

 知事(副知事・府部長・自治省職員)京都市・東大

【関連記事】
山田京都府知事が3選出馬を表明
首都圏に勝てる「大関西圏構想」を 目指せ「坂の上の雲」
関西広域連合、年内設置へ努力 2府5県合意
京都経済4団体、3分野で共同事業 立石会頭「再編へ一歩前進」
京都市長が関空−京都のヘリ導入に前向き 森ビル事業を視察

リウマチ薬など7品目は除外=田辺三菱製薬の業務停止−厚労省(時事通信)
<皇后さま>小野竹喬展を鑑賞(毎日新聞)
気象庁係長をすりで逮捕 出勤途中の地下鉄内で(産経新聞)
パトカーの覚せい剤、3年前に移送の男が隠す(読売新聞)
長官銃撃事件の検証開始=問題点洗い出しへ−警視庁(時事通信)

阪大病院で輸血ミス、救急搬送の女性死亡(読売新聞)

 大阪大病院(大阪府吹田市)は8日、救急搬送されてきた60歳代の女性に血液型の違う血液成分を投与するミスがあり、患者はその後死亡したと発表した。

 病院によると、女性は重いけがを負い、7日午後意識不明の状態で搬送された。大量に出血したため、赤血球製剤と、女性の血液型と同じB型の新鮮凍結血漿(けっしょう)を投与。しかし、大量に投与が必要となり、別の患者に用意していたO型の新鮮凍結血漿を誤って使い、女性は病院到着から5時間後に死亡した。投与直前の確認を怠っていたという。

 病院側は「治療中、3回の心停止を起こすなど重い症状だった。投与は明らかなエラーだが、死亡との因果関係はないと考えている」と話している。

<春の交通安全運動>交差点は気を付けて(毎日新聞)
「ほっておいてくれ!」 大阪・道頓堀に男が飛び込む(産経新聞)
信号見落とし電車21m逆走 大阪市営地下鉄、公表せず (産経新聞)
「1Q84」300万部突破=BOOK3、発売前に増刷(時事通信)
2014年に読売新聞社が新社屋(読売新聞)

後発品使用促進に「著しく水を差す行為」―日薬が大洋薬品に要望書(医療介護CBニュース)

 日本薬剤師会(児玉孝会長)は3月31日、薬事法違反で業務停止処分を受けた大洋薬品工業に対し、再発防止に向けた今後の具体的な対策を文書などで示すよう求める要望書を送付した。この中で日薬は、「事実を極めて不快感を持って受け止めている」「国を挙げて取り組んでいる後発医薬品の使用促進に著しく水を差す行為」などと厳しく大洋薬品を批判している。

 また日薬は、同日付で日本ジェネリック製薬協会(澤井弘行会長)、日本製薬団体連合会(竹中登一会長)にも要望書を送付した。この中では、違反事例の発生により会員薬剤師の多くが後発品に対し不信感を抱くことになり、「後発品の使用促進に悪影響が生じることも懸念される」と強調し、信頼回復に向けた努力を求めている。


【関連記事】
大洋薬品に1年間の会員資格停止処分―日本ジェネリック製薬協会
主力工場の業務停止処分でお詫びのコメント、再発防止策を徹底―大洋薬品
大洋薬品高山工場に9日間の業務停止命令―岐阜県
新薬メーカー54社から受託製造―行政処分受ける大洋薬品高山工場
大洋薬品の高山工場を業務停止処分へ―岐阜県

群馬県警で新発売“パトカーだるま”人気(産経新聞)
<民主党>参院選 河上衆院議員がくら替え出馬 議席減へ(毎日新聞)
アトピー性皮膚炎治療薬の共同開発に向け協議へ―アンジェスと塩野義(医療介護CBニュース)
邦人死刑通告 中国首相に懸念表明 菅副総理「厳しい判断」(産経新聞)
スーツケース遺体 男が出頭、関与ほのめかす…石川県警(毎日新聞)

タレント活動で報酬、大阪府の男性看護師を処分(産経新聞)

 タレントとしてテレビ番組に出演し報酬を受け取ったのは地方公務員法で禁じたアルバイトにあたるとして、大阪府立病院機構は31日、府立精神医療センター(枚方市)の男性看護師(37)を戒告の懲戒処分にした。男性看護師は「芸能界にあこがれていた」と話しているという。

 病院機構によると、男性看護師は平成19年からタレントスクールに通い、21年11月までの間に、授業の一環として情報番組のミニドラマなどに計9回出演した。9回のギャラは計約2万円。撮影には有給休暇などを使ったという。

 男性看護師が番組に出ているのを同僚がテレビを見ていて発覚。男性看護師は「趣味で出演していた。報酬は交通費と昼食代程度だったのでアルバイトにあたらないと思っていた。もうテレビには出ない」と釈明しているという。

足利事件の再審 菅家さんに無罪判決(産経新聞)
長官銃撃、時効後の「オウム名指し」に批判も(読売新聞)
<家賃100円>1DK1カ月限定で 大阪・千林商店街企画(毎日新聞)
首相「普天間移設先、現地の了解が必要」(産経新聞)
<国東半島>「峰入り行」始まる 天台宗の僧侶ら(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。