So-net無料ブログ作成

遺族ら現場で献花、冥福祈る=長崎市長射殺3年(時事通信)

 長崎市の伊藤一長前市長が射殺された事件から丸3年の17日、遺族らが事件発生時刻の午後7時50分すぎ、同市大黒町の現場を訪れ、献花し黙とうをささげた。
 現場は長崎駅に近い、雑居ビルなどが立ち並ぶ車の通りの多い場所。歩道上に白い布を掛けた献花台が置かれ、伊藤前市長が好きだったというヒマワリや、白い菊の花が台の上いっぱいに供えられた。遺族や親交があった人たちがじっと手を合わせ、前市長の冥福を祈った。 

【関連ニュース】
広島・長崎に五輪協力申し出へ=第五福竜丸母港の静岡県焼津市

区民ミュージカル 25日、2年ぶり再演(産経新聞)
<八王子2人殺傷>無期を懲役30年に減刑 東京高裁(毎日新聞)
「減税こそが政治の役割」河村市長が熱弁(読売新聞)
「首相は統治能力欠如」と自民総裁=無党派層の動向注視−時事世論調査(時事通信)
<チューリップ>春のじゅうたん…120万本が満開 三重(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。