So-net無料ブログ作成
検索選択

介護職員処遇改善交付金、2月サービス分の申請期限を延長―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は2月23日、介護職員処遇改善交付金について、3月末までに申請すれば2月のサービス提供分にさかのぼって交付を行うとの事務連絡を都道府県などにあてて出した。

 昨年10月にスタートした介護職員処遇改善交付金は、原則として申請があった月のサービス提供分から交付の対象となる。さらに、2月のサービス提供分を最初の月とする事業年度ごとに申請する必要があるため、今年2月から交付を受ける場合、月末までに申請手続きを行う必要があった。
 しかし厚労省は、09年度に引き続き10年度も交付を受ける場合に、申請手続きが再度必要になることを認識していない事業者が存在する可能性があるとして、今回の特例措置を決めたという。


【関連記事】
介護職員処遇改善交付金の申請率は80%に―厚労省
介護職員処遇改善交付金の不正通報窓口を設置―大阪
介護職員の処遇改善は実現するのか―2009年重大ニュース(2)「介護報酬改定と介護職員処遇改善交付金」
介護職員の「キャリアパス要件」、年度内に決定
介護報酬改定後、月9千円賃金アップ―厚労省が速報値

大仁田氏応援で松山千春が「恋」熱唱…長崎県知事選(スポーツ報知)
<成田スカイアクセス>7月17日開業予定 都心と空港結ぶ(毎日新聞)
大阪府立大名誉教授、萩原久人氏死去(産経新聞)
雑記帳 さあ、みんなで「レッサーパンダ体操」を(毎日新聞)
大麻事件摘発の少年「たばこの延長で…」 大阪府警調書分析(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。